ベージュはむずかしい

beige-jacket ワードローブ

さんざん迷ってとうとうブリスバンチのクルーネックジャケットを買いました。

形もサイズも申し分なかったのですが、ベージュの色がさえません。

洋服が悪いわけじゃないんです。

私の顔色に似合わないんですね。

スポンサーリンク

明るい色と合わせないと

顔の近くに白っぽい明るい色を合わせるようにするとどうにかなりそう。

何にでもサッと羽織るというわけにはいかないようです。

年とともにはっきりした明るい色のほうが似合ってくるっていうけれど、そういうことを思い知った一着になりました。

このベージュ、くすんだ肌色と同化して何だか土壁のよう。

といってもコートによくあるオーソドックスな色なんですよ。洋服の色が悪いわけじゃない。

でもひとことでベージュと言ってもいろいろあります。

もっと白っぽいオートミールとかグレーシュみたいな明るいベージュの洋服は違和感なく着れてます。

基本色のベージュだからって油断してしまったのが失敗でした。

薄手のちょっとかさかさしたハリのあるコットンで、これからの季節の羽織りにちょうどいいし、サイズ感も気に入ってるだけに色だけが残念でなりません。

これからは無難だからって、あんまり渋い色を選んじゃだめだなぁと反省したのでした。

コメント