おばあちゃんっぽいと言われても、やっぱり夏はクレープ肌着が一番快適

crepe1113 下着

胸や背中に湿疹があたりまえだった夏。

クレープ肌着にしてからすっかりなくなりました。

もうこれ以外の下着は着られません。

スポンサーリンク

クレープとは?

クレープというのはちぢみ加工された生地のこと。糸のよりが甘く、シワが特徴。

肌離れがよく、通気性がいいので、夏の肌着として昔から重宝されてきたものです。

今では浴衣など着物の下着や高齢者用ぐらいでしか見られなくなってたんですが、温暖化のせいか、少ないながらも年々徐々に増えてきてるような気がします。

フィット感がないので、好みの分かれるところだと思いますが、肌にやさしいことは間違いないです!

愛用肌着はソフトカップ付きキャミソール

ソフトカップと言っても胸のあたりに布が重ねってるだけの頼りないもの。背中部分が広く、しっかり汗をとってくれます。乾くのも速いので、常時さらさらして気持ちいいです。

カップなしのほうがシンプルなデザインでいいんですが、バストが小さいと、ゆったりしたワンピースなんかのときは、このキャミソールだけでじゅうぶん過ごせるので、カップ付きのほうが何かと便利なんです。

キャミソール・フレアパンツ

綿100%クレープ生地のキャミソールやフレアパンツは、透け感のある涼しい装いが安心して快適に楽しめます。

長時間椅子に座る作業などでお尻の汗が気になる方やあせもでお悩みの方におすすめです。

コメント