50代に必要なのは、ほどほどエレガンスなトップス!?

magazine-250069 着こなし

男も女も年齢に関係なく中性っぽいのが流行ってる気がします。それとは別に、カジュアルとフォーマルも偏らないのがいいみたい。

50代は、へたをするとオッサンになりがちだということがわかってきたので、若い頃よりほどほどにエレガンスを意識したほうがいいのかもしれないと思ってきてます。でもそのほどほどがむずかしい……。

スポンサーリンク

シンプルな白の何が悪い?

白のシンプルなTシャツとかシャツは誰でも似合うだろう、と高をくくっていたらひどいめに合う。「年をとると、くすんだ色より真っ白なほうが顔映りがいい」なんてことを言ってる人や記事を鵜呑みにして失敗。

「合わせやすいだろう」とか「使いまわしできそう」と思ってシンプル過ぎるものを選ぶと、かえっておしゃれに着こなすのがむずかしいということがわかってきた。(今さらですが)

結局、パッとしないというか冴えなくて、思いのほか着なくなる。

若い頃は無難で何にでも合わせられて重宝していたのに。

今は白のTシャツとかシャツを無雑作に着ると、何だか下着や制服に見えてちっともおしゃれじゃないのです。シンプルだからいくつになってもだいじょうぶだなんて思うのは間違いでした。

パジャマっぽいけどかわいくないですか?

コットンシャツ、こういうのだとおばさんもかわいらしくなれそう。

ほどほどエレガンスブラウス

シンプルさとエレガンスさのほどほどってこんな感じでしょうか?

ベージュはダメかと思ったら

数年前にデザインがかわいいと思って買った淡いベージュ(オートミール?)のパフスリーブTシャツ。着てみたら何だかおばさんぽくて何だかだらしなく見えて当時まったく着てなかったんです。それが去年あたりからなぜかしっくりくるようになってむちゃくちゃ着るようになったんですね。

Tsyats09

年をとると、はっきりしない中間色は似合わないとか言うけど、まぶしいような白より何だか落ち着いていい感じ。薄くてふわっとやわらかい素材やデザインも今だとほどよいかわいらしさに見えるからフシギ。「おばさんぽい」のがちょうどいい具合になってきたんですね。おっさんよりはるかによいです。

生地のハリ感も使いよう

コットン100%や麻100%のハリがある素材を着るなら、小さめのかわいい丸襟とか控えめギャザーのスタンド衿なんかがよさそう。ちょっとだけ女子っぽさやエレガンスさのあるものですね。

あんまりシンプル過ぎると事務員みたいになって、最悪オッサンです。

年々パリッとハリのある素材よりやわらかなもののほうがからだにやさしくていいようになってくるんですね。でもやわらかいのも行き過ぎると体型が丸出しになってだらしなくなるおそれがある。そのほどほどがむずかしいのだけれど、ハリのある素材もじょうずに取り入れていきたいです。

最近は少し化繊が入ったほうが伸縮性があって着心地がラクな上に、洗濯がかんたんでじょうぶだったりするので、肌に合うなら天然繊維100%にこだわらなくてもいいかなって思います。

首筋にしわやたるみが目立ってくると、ソフトな生地より少々ハリのある生地のほうがたのもしい場合もあるんですよね。

学生みたいに白い衿だけ出すのもほほえましいかも。

スタンドフリルシャツ

ポロシャツより女子っぽくていいかも。

巷の情報を鵜呑みにしない

50代は白がいいとか悪いとか、やわらかい素材がいいとか悪いとか、シンプルがいいとか悪いとか、巷の情報は大いに参考にしたい。でも、全部自分にぴったり当てはまるとは限らないから困ってしまう。

自分のセンスに自信があるわけではないのですが、気分良く気に入ってできる服装は、自分で地道に探求していくものではないかとつくづく思うのです。苦労してます……。

せっかくなので、めんどうだと思わないで、失敗にめげず楽しんでやっていきます。

在庫切れ中の人気本!

地曳いく子氏の新刊。現在どこも在庫切れで手に入らない。地曳さんの本は読みやすいし、とってもためになるのでおすすめ。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着こなしへ
スポンサーリンク
着こなし
スポンサーリンク
スポンサーリンク
着こなしブログ

コメント