夏もやっぱり羽織りもの!

macphee1521 ワードローブ

夏は暑い。だからといって涼しい格好をすればすむわけではありません。電車やバス、スーパーなど、ちょっとした出先の冷房で寒い思いをすることがよくあります。

また、炎天下の日差しから肌を守ることも大切です。

夏もやっぱりささっと脱ぎ着できる羽織りものがあると助かります。

スポンサーリンク

リネンシャツなら見た目涼しく夏らしさも演出できます。

白もいいけどリネンの黒とかネイビーも好き。重くなり過ぎないし、若くなり過ぎない。リネンはコットンと同様、年中使える素材なんですよ。軽いのもいいですよね。裾のラウンドカットがおしゃれ。

冷房対策はもちろん、紫外線対策にもばっちりです。

シンプルかつコンパクトなすかし編みカーディガン

どこにでも持っていけるコンパクトなカーディガン、一つあるといいですよね。こちらはシンプルな透かし編みが素敵。コンパクトな丈は、スカーフ感覚で意外とどんな洋服にも合わせやすい。

cardigan1533

コットンフリルスタンドシャツ

好きなんですね、フリルスタンドブラウス。ピンタックやギャザーなどが入っていてかわいらしいデザインなんですが、控えめなところがいい。こちらはコットン。オープンに羽織っても素敵です。カジュアルにもきれいめにもオールシーズン使えます。

夏の羽織りものはシャツがいいかも。

こうしてみると、ニットのカーディガンもよいですが、夏はシャツを羽織りモノとして使うのがよさそうですね。見た目もさわやかですし、前を留めたりオープンにしたりと着こなしも自由に幅が出せそうです。

ノースリーブやTシャツのままでいるのは落ち着かない。そんなとき、シャツを上に羽織るとちょっと若者とは違ったおとな感を演出できるかも。

暑い日ざしも冷える冷房からも身を守ってくれる心強いアイテムですね。夏のおでかけに一枚あれば、どこに行くのも安心です。

この夏新しいアイテムを入手した人は、手持ちの洋服を一つ手離すこともお忘れなく……。

コメント