アラフィフ主婦がお気に入りの洋服を厳選する方法

ワードローブ

大原照子氏は、お気に入りのものを選ぶとき、

  • 好きか。
  • 心地いいか。
  • 似合っているか。

を基準に選ぶと述べています。もっともなことだと思います。

でも、これって、案外とってもむずかしい。

 

スポンサーリンク

洋服選びの3大基準とは?

洋服を選ぶとき、

  • 好きなものがはっきりしない。
  • 着心地は、選ぶ時点では判断できない。
  • 似合っているか、微妙でわかりにくい。

なんてことがしょっちゅうありませんか?

好きな傾向を吟味する。

好きなものなんて、そのときの流行にも左右されたりして、けっこういい加減なんですよね。 コレ! といった決まったものを持っている人がうらやましくなります。

それでも、気がついたら、なんか似たようなものを選んでしまっているなあ、なんていうことありませんか? 自分ではそれほど意識していなかったけれど、それって好きだってことかもしれません。

  • 襟ぐりの小さい服。
  • 紺の水玉。
  • ブルー系ストライプ。
  • ベージュ。
  • 草色。
  • ストラップシューズ。

フィットフロップ キースサンダル

コロンとしたフォルムの厚底靴も好きなものの一つ。

小柄なせいかもしれない。

こうした厚底靴は、重いものが多いのだけれど、このフィットフロップは、コルク製だから軽い。足にフィットするので、長時間歩いても疲れにくいとか。

カジュアルからきれい目まで、幅広く対応できる、大人かわいいデザインも素敵。

経験から着心地を予測する。

デザインはいいのに、着心地が悪くて、結局着なくなった洋服ってありませんか?

着心地は大事ですよね。とくにわたしたちアラフィフ世代は、若い頃と違い、肌が敏感になっていたりします。チクチクしてかゆくなる肌触りのものは、とてもじゃないけど着ていられません。

だからと言って、洋服を着心地だけで選ぶこともできませんよね。

というわけで、素材とか生地の織り方などに目を向け、肌に刺激があったもの、反対に肌触りが気持ちよかったものを覚えておくといいですね。

メリヤクーのレギンス

おしゃれな天然素材の靴下やタイツで有名なメリヤクーは、冷えとりファッションをおしゃれにランクアップしてくれる、あこがれのブランド。

その肌触りのよさには定評がある。

素材にこだわると、デザインが垢抜けない印象になりがちなものが多いなか、洗練さがひときわ目立つ。

似合っているかどうかは、たえずチェックするしかない。

似合っているかどうか。

これって簡単なようで、わかりにくいと思いませんか?

痩せているからふんわりしたものが似合うとか、太っている人はからだの腺が見えるものは似合わないとか、一般的なルールだけでは判断できないものがあるように思います。

その人にしかない雰囲気と言いますか、個性がかなり影響しているように感じるのです。

その人の好みとか生き方にもつながる深い問題なんですよね。

わたしをどんなふうに表現したいのか。わたしらしいとはどんなものか。移り変わるからだと心持ちに心を配りながら、たえずチェックする覚悟をすることがおしゃれなんだと思います。

好きと似合うがちぐはぐにならないように、励みましょ。

【ナチュラン】小紋柄前開きワンピース

コメント