洋服代の消費と浪費と投資を考える

natulan1651ナチュラン

「洋服代月10万」絶対譲らない妻のあんまりな言い分』という記事を読んで、洋服代の消費と浪費と投資を考えてみました。

スポンサーリンク

消費にあたる洋服とは?

消費にあたる洋服とは、生活に必要な最低限の洋服のことだと思われます。

うちにいるわたしのような主婦の場合は消費にあたる洋服がほとんどです。

典型的なものは下着類。

普段着なんかも消費に相当します。

消費にあたる洋服しか持たない人は、おしゃれじゃないようなイメージがあるけれど、必ずしもそうとは言えません。

限られた資源をフル活用してじょうずに着こなしているおしゃれでカッコいい人は少なくない。

おしゃれな人はたいていそういう人です。洋服をたくさん持ってる人がおしゃれとは限らなくなっている。

洋服は消耗するスピードが早いので、総入れ替えがかんたんにできるミニマムなワードローブのほうが管理しやすい感じさえします。

浪費にあたる洋服とは?

浪費にあたる洋服は、結局着ないのに買ってしまった洋服のこと。

必要以上に数が多いと、埋もれてしまい、持っていることを忘れて着ないなんてこともありそうです。

衝動買いの洋服とは限りません。

管理できない洋服は、すべて浪費にあたる。

投資にあたる洋服とは?

投資というのは、将来利益になる支出のこと。

社交やビジネスシーンに必要な洋服が相当します。

気分転換に洋服を買う、というのも場合によってはあるのかもしれないけれど、それは浪費と混同しないようにしたい。

じつは浪費も必要

会計的には、じつは浪費というのも必要なんです。

浪費ゼロの会計は不健全。浪費ゼロは目指してはいけないんです。

管理不能な洋服を持つのはよくない浪費なんですが、たとえば、アクセサリーを集めるのが好きで、つい買ってしまう、なんていうのは、度を越さなければよい浪費です。

洋服の消費と浪費と投資を考えるにも、ワードローブは管理可能な数で把握しているのが前提なんですよね。

浪費の洋服であふれていては、満足のいくおしゃれな着こなしはできません。

年始の洋服を買う前に、ぜひワードローブの片づけを済ませたいですね。

ストレッチ別珍のビロード風ワンピース

年始にぴったり。ビロード風の光沢のある生地が華やか。
でも、柔らかストレッチ素材だから着心地ラクラク。

ツイルショートジャケット

ツイード生地の上品なノーカラーショートジャケットはシーンも洋服も選びません。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着こなしへ
スポンサーリンク
ナチュラン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Kikonashi

コメント

タイトルとURLをコピーしました