オニールオブダブリン、ラップスカートは初夏まで着れます。

2014-04-27 16.10.15 オニール・オブ・ダブリン

オニール・オブ・ダブリンのラップスカートは、伝統のチェック柄で知られており、どちらかといえば、秋冬ものというイメージが強いかもしれませんね。ですが、裏地がなく、軽い着心地なので、実は、初夏までじゅうぶんさわやかに着こなせるんですよ。

今、気に入った商品を見つけたら、お買得です。

スポンサーリンク

オニール・オブ・ダブリン、おとな女子も安心のウエストすっきりラップスカート。

オニール・オブ・ダブリンのラップスカートは、とにかくウエストまわりがすっきりして見えるので助かります。これからの季節、トップスをインしてもお腹まわりがもたついて見えにくいのです。

でも、バックはゴムでラクチン。

ラップスカートは、サイズ幅が大きくゆとりがあります。サイドのベルトでかなり調節ができるんですね。

とはいえ、全体のシルエットがきれいに見えるサイズには限りがあります。

わたしも、最近は、きれいに見えるサイズを若干超えており、なんとか着れるといった状態なので、もう一度、買った当時のように、すっきり着こなしたい! と、ダイエットの決意をかたくしている今日この頃です。

2014-04-27 15.41.19

だって、オニールのスカートって、3シーズン着まわせて便利だし、いろんな機会で着て行きたいって思うことがほんと多いんですよね。今すぐワンサイズ大きいものを、あらたに買いたいぐらい。

これからだと、麻素材のが素敵。

オニールのラップスカートは、流行や年齢不問の鉄板スタイル。

オニール・オブ・ダブリンのラップスカートは、流行や年齢に左右されずに誰もが楽しめるデザインです。自分に似合う色柄や丈を慎重に選びたいですね。

トップスのニットはショート丈ですっきり着こなしたい。

シルクやコットン、麻素材は、これからの季節にぴったり。やわらかい薄手のニットなら、ジャストウエストあたりのショート丈がバランスよく見えます。

と言っても、これは小さいわたしの場合。

あまりシンプルすぎるデザインだと、地味で老けて見えてしまう人は、明るい色やふんわりしたかわいいデザインのものを選びたい。

また、ピタッとからだにそうようなものが似合う人もいれば、少しゆるめのサイズのほうが似合う人もいますよね。試着が前提ですが、ある程度自分が似合うタイプのものを知っておくと便利ですね。

40代から50代は、体型や内面も大きく変化する時期なので、去年まで似合っていたものが今年はダメ、ということもよくあるそうですよ。おっくうがらずに、まめなファッションチェックしないとです。

わたしはかつて、やせっぽっちのおチビで、何を着てもブカブカで困ったものでした。今ではお腹周りにたっぷりお肉がついて、すっきり見せるのにひと苦労。何が似合うか、いまだに試行錯誤というか、どんどん迷宮入りしてるんです。

シャツ・ブラウスは、すっきりインして着こなしたい。

O'NEIL OF DUBLIN オニールオブダブリン キルトスカート ウールキルトスカート ウール スカ...

O’NEIL OF DUBLIN オニールオブダブリン キルトスカート

オニール・オブ・ダブリンのラップスカートに、シャツやブラウスを合わせるなら、オーバーではなく、すっきりインして着こなしたいところ。

オニールのラップスカートは、腰まわりがすっきりきれいなデザインなんですよね。これからの季節、とくにスマートにさわやかに見せたいですよね。

先のニットと同じく、シャツやブラウスもゆるめがいいのか、ジャストサイズがいいのか、サイズ感が重要です。さらに、この年になってくると、かっこよくても動きにくい窮屈な服は、疲れるだけなので失格です。

洋服の数はいらないけれど、その分一つひとつ丁寧に吟味して選ぶのがたいへんといえばたいへんなのです。でも、これがおしゃれの楽しみなんですよね。

コメント