ウールリネンAラインワンピ、ノースリーブでオーダーメイド予約

order01 ワードローブ

秋・冬・春と3シーズン活躍してくれそうなウールリネンでノースリーブのAラインワンピースをオーダーメイド予約しました。どんな感じになるか、不安でもあり、楽しみでもあります。

スポンサーリンク

【楽天】BST Apparel D.Mでオーダーメイドの相談

楽天ショップのBST Apparel D.Mは、生地とサイズと基本のデザインを選んでオーダーメイドできるお店なんです。サイズ感など、いろいろメールで相談に応じてもらいました。

はじめは、基本の七分袖のAラインワンピースにしようかと思っていたのですが、わたしは寒くなるとかなり重ね着をしますので、ゆったりした袖はインナーを重ねる場合にはいいのですが、ワンピースの上に重ね着するときにはかさばるかもしれないと思うようになりました。

それでジャンスカにしようと思ったんです。

このジャンスカ風ロングワンピースもなかなか素敵です。Aラインタイプよりかなりスマートな感じ。こちらをウールリネンで作ってもらうと、お値段は3,000円増しになります。これにしようかと決めかけていたとき、これを見つけました。

テントラインのノースリーブブラウスです。あら、これもふんわり素敵じゃないですか。

Aラインワンピースもノースリーブにできるんじゃないかと相談してみたところ、すんなりできるというお答え。重ね着したいことをお伝えすると、袖ぐりを大きめにしたほうがいいというアドバイスをいただきました。七分袖とノースリーブでは袖ぐりの大きさがかなり違うんですね。ここはノースリーブブラウスのサイズを参考にするといいということでした。

冬の重ね着は着膨れするのはイヤなんですが、窮屈なのが一番困るんですよね。疲れますから。それに無理にスマートなデザインを選んでも、かえって着膨れ感が出るだけで失敗することがよくあったんですね。

だから細身のジャンスカワンピよりAラインワンピのラインのほうが案外すっきりラクに重ね着しやすいかもしれないと思ったんです。Aラインといってもこちらのデザインはシンプルで子どもっぽくないですからね。期待したいです。

襟ぐりや後ろあきも作ってもらえます

重ね着するので夏ほど襟ぐりの大きさにこだわらなくてもいいんですが、せっかくなので手持ちのノースリーブワンピースを参考に、小さめの襟ぐりサイズを指定し、後ろあきを作ってもらうことにしました。

襟ぐりは、横幅と縦幅のサイズを指定します。小さい襟ぐりだと脱ぎ着しにくくなってしまうので、一つボタンのあきを作ってもらいます。

肩幅や襟ぐり、袖ぐりがぴったりフィットした洋服は、やっぱりきれいに見えますよね。うまくオーダーできたか不安ですが、失敗も経験のうちだと思い、今回思い切ってチャレンジのつもりで注文しました。

これからは洋服を増やさないつもりなので、じょうずに似合う洋服を選べるようになりたいと思ってます。

できあがりは10月中旬です。

コメント