小柄な体型に合わせる洋服の簡単ぷちリフォーム

okashi2014-05-27 15.35.01 ハンドメイド

身長151cmのわたしは、フリーサイズの既製服は、まずサイズが合いません。

ミシンもなく、洋裁も習ったことがないのですが、必要に迫られて、ごくごく簡単な寸法直しをします。

スポンサーリンク

ワンピースの襟ぐりを狭くする。

okashinavycardi

肩が合わないと、パカパカしてからだにフィットせず、借りてきた服丸出しになります。ぜい肉はついているのですが、胸が豊かでメリハリのあるグラマー体型ではないので、洋服が浮いたようになってしまうんです。

写真のように、カーディガンをはおってごまかして着ていたのですが、ワンピース1枚でも着れるように、襟ぐりを小さくすることにしました。

このワンピースは、かぶるだけのシンプルな作りです。後ろのタグのあたりでつまんで重ねました。

okashi2014-05-27 15.34.34

okashi2014-05-25 15.10.20

飾りボタンをつけてみました。

もちろん、こんなふうに簡単につまむだけで襟ぐりを小さくできるものは、限られています。デザインが凝っていて、ギャザーやタック、襟なんかがついているものは、簡単にはできません。全体のバランスをとるのも難しくなります。

わたしの場合、購入するときに、お直しが必要になることを予想して選びます。

お直しがいらないものを探すのですが、それがかなわないときは、できるだけお直しが少なく、簡単にできそうなものを選びます。

当然のことですが、気に入った洋服であることは言うまでもありません。その上で、お直しが最小限で済みそうなものを選びます。

どうしても気に入った洋服のリフォームが自分でできないときは、無理をしないでプロにまかせたいと思っています。冬物のコートの袖丈詰めなどですね。間違いなく、イメージどおりにきれいに仕上げてもらえます。でも、あんまり複雑なリフォームをしないと着れないような洋服は、自分に合わないものだと思ってあきらめることにしています。

めんどうな巻きスカートを便利なギャザースカートにリフォーム。

2014-05-26_2144

モデルさんが素敵に着こなしていたので、欲しくなって買った巻きスカートです。

わたしが着ると、丈が長過ぎるせいか、柄もおばさんぽく、やぼったく見える。(おばさんに違いないんですが。)モデルさんのようには着こなせない、とわかっていたつもりなのに、こうした失敗は尽きません……。

この巻きスカート、ちょっとめんどうなんです。トイレに行くたびに、ウエスト周りのちょっとした着崩れをなおしたくなるのですが、それがたいへんなんです。それで、自然と着なくなったんですね。

で、丈を短くして、履きやすいウエストゴムのギャザースカートにリフォームしてみました。

巻きスカートなので、ギャザースカートにするだけの生地はたっぷりあります。

okashi2014-05-27 16.21.34

やぼったいおばさんじゃなくなったかどうかはともかく、何とか自分らしいスカートになりました。やっぱり、サイズ感というのは大事です。

これで、巻きスカートのときより着る機会が増えそうです。

okashi2014-05-27 14.33.22

微妙なサイズ感を見逃さない!

似合うという大事な要素の一つは、ぴったりからだに合ったサイズであることです。

この頃は、サイズ展開も豊富になりました。それでも、ちょっと丈を詰めたり、ちょっとつまんだりするだけで、さらにきれいに着こなせることも少なくないんですよね。

少ないワードローブを少しでもきれいに着こなすために、微妙なサイズ感にちょっと敏感になってみませんか?

コメント