インナー

下着

【無印】インナーコットンウールが洗うほどいい感じ

無印良品のあったかインナー「コットンウールストレッチあったかUネック九分袖シャツ」が洗うほどいい感じになってすっかり気に入りました。 はじめはそれほどストレッチ感がなくて、ピタッと窮屈な感じで失敗したかと思ってたんですが、洗濯を繰り返...
下着

涼しい着こなしは涼しいインナーで

ぴったりとからだにフィットするインナーは、とくに夏は着られない。汗ばんでくると湿疹ができてかゆくなる。更年期の肌は、乾燥してはかゆくなり、湿ったら湿ったでかゆくなる。困ったもんです。 夏はここ数年、肌ばなれのよいクレープ生地のインナー...
着こなし

涼しいクレープコットン生地はステテコだけじゃもったいない

夏に涼しいステテコ生地は楊柳(ようりゅう)クレープと呼ばれているものです。凹凸のしわができる織りがとくちょうです。 コットンクレープ生地、女性の下着にはすっかり使われなくなってて、探すのがたいへんなんですよね。エアコンがない部屋で汗を...
下着

極寒の日に耐えるインナーたち

冷えとりスタイルではインナーの重ね着はあたりまえなんですが、できれば枚数を減らしたい。ということでいろいろ試してきました。その結果、やはり1枚は無理。薄いものでも2枚重ねたほうが快適でした。厚めのインナーを1枚にするよりも薄手2枚のほうが案...
下着

肩の凝らない重ね着のコツ

重ね着するとあたたかい。でも、 疲れる。 肩が凝る。 着脱がめんどう。 何とかならないか考えてみた。
ワードローブ

着ない洋服は持たない!

「着ない洋服は持たない。」などとあらためて言わなくても、そんなことはあたりまえだと思うかもしれない。でも、よく見てみたら、「着ないのに持っているのがあたりまえ」になっている洋服ってのがけっこうあったりするものなんです。
ワードローブ

秋冬インナー、重ね着の仕方。

冷えとり健康法の靴下の重ね履きは有名ですが、洋服もじょうずに重ね着をして、寒い季節、冷えを予防してあたたかく、おしゃれに過ごしたいですよね。 薄いものでも、重ねると空気の層ができます。厚い洋服を一つ着込むより、重ね着のほうがずっと保温効果...
スポンサーリンク