50代主婦の洋服代節約、後悔しない選び方

sale その他

洋服を手に入れるとき、わたしは持っているときのことはもちろん、それを手放すときのことまで考えて、それでもほしいかどうかを決めるようにしています。

洋服を買って後悔するのは嫌ですからね。後悔しない方法です。

スポンサーリンク

洋服に耐久性を期待してはいけない

50代ともなると、あんまりチープな洋服を着てはいけないと思ってた頃もありました。

バブルの名残でしょうか。

世の中の風潮って変わります。

わたし自身、少し前まで信じてたり考えたりしてたこと、今平気で違ってます。

そんな時代もあったなぁ、って感じ。

それで洋服に耐久性を期待してはいけないと学習したのでした。

おとなのチープアイテムはダメか?

  • ブランドものだから
  • 定番だから
  • 高価なものだから

そんな基準で洋服が長持ちすると思ってはいけません。

どんな生地も経年劣化し、どんなデザインも古臭くなって飽きるんですよね。

そう長持ちするもんじゃないんですよ。

50代女性、とことん着つぶせるプチプラ北欧テイストブランド「フィリル」

着る回数を考える

高級ブランドの洋服がセール価格になっていたとしても、着る機会が少なければ高い。

一回の洗濯でボロボロになる安価な洋服も安いとはいえない。

ワンシーズンにどれくらい着るか。

安いかどうかは着る回数と値段の折り合いで決まる。

維持費を考える

着るたびにクリーニングに出さないといけない洋服、いくら安くてもわたしは買いません。

管理や保管にお金がかかる洋服は勘弁です。

大切に長く持つというのはそういうことなんですけどね。

そうするだけの価値があるかどうか考えたい。

処分時を考える

有名ブランド品は、いらなくなったら買い取ってもらえることもあるけれど、それで得することはまずありません。

着つぶして心おきなく処分できる洋服か、ただゴミとして捨てることになりそうか、譲るあてはあるか、処分時のことも頭の隅に置いて選びたい。

洋服の処分の仕方いろいろ

お直し代を考える

洋服のお直しはけっこう高い。へたをすると洋服代より高くつく。

自分で簡単にリメイクするにせよ、手間と材料費がかかります。

安いからといってサイズの合わない洋服を選んでも、かえって高くつくことがあるので注意。

小柄な体型に合わせる洋服の簡単ぷちリフォーム

洋服買わないチャレンジはいいかも

松尾 たいこ 扶桑社 2017-11-02
売り上げランキング : 4768

by ヨメレバ

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着こなしへ
スポンサーリンク
その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
着こなしブログ

コメント